未来の歯が再生する歯科医療に向けて

「歯」に関する再生治療の研究が始められているようです。人間の髪や肌は、生まれ変わるのに、歯は、永久歯になると、2度と生え変わることはありません。人間以外の動物の中には、サメ、ウサギ、カバなどは、生え変わる「歯」をもっています。ですが、人間の歯は、虫歯や歯周病、ケガなどで、1度抜け落ちてしまうと、新しく生え変わる事はありません。そのような観点からも、「歯」の再生医療の研究には、大きな期待が寄せられています。現在においては、皆さんの親知らずなどの機能していない歯を、他の失われた歯の代用として、移植するような形で再生治療が試みられているようですが、今後は、歯の一部などから、いくつも同じ歯の代用が再生されるような研究が花開くと良いですね。「人の老い」と、「歯の健康」は、密接な関係にあるようですので、歯の再生治療などが、現実化して健康的な歯の温存が試みられていく中で、高齢者たちの健康にも良い影響が与えられていくのではないでしょうか。歯の再生治療には、元気なお年寄りの秘訣が、たくさん詰まっているようですね。多くの研究者たちの、良い報告を心待ちにしたいところです。何よりも、虫歯や歯周病で、悪化してしまった歯の健康を取り戻す事ができるかもしれないと考えると、そこには喜びがあります。ですが、そのような再生治療を願うと同時に、本来は、きちんとした虫歯や歯周病の予防ケアには、努力を重ねなくてはなりません。何よりも、正しいハブラシのブラッシングが、予防歯科の基本となるようです。正しい歯磨き方法と、定期的な歯科検診には、歯の再生医療も敵わないかもしれませんね。今ある歯を、まずは大事にケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です