歯周病菌から「歯」と「身体」を守る

歯周病は、「糖尿病」を悪化させると言われています。また、糖尿病だけではなく、全身疾患との結び付きを多くの専門家が研究し、数多くの報告が行われているようです。様々の報告されている研究データの中には、糖尿病との関連性の他にも、男性のEDや、アルツハイマー、女性における早産リスクなどの結び付きもあるようです。このような研究報告の示すものは、様々な全身の疾患に対する対処法として、まずは、歯周病の悪化を招かないような、歯周病の予防に関する、水際対策が必要なのではないかとった考え方です。あらゆる疾患の予防や、健康体を維持して行く為に、口内環境を整える事が、何よりも重要なことであるという事を差し示しているのかもしれません。毎日のお口のケアは、皆さんの健康維持を担っています。お口を労わる気持ちとその習慣が大切です。毎日の歯磨きに加え、歯間ブラシやフロスなどの様々な多角的にデンタルケアを、上手に取り入れ、日々、健康な歯をつくっていきましょう。健康な歯の価値は、失ってからでないと実感できないものかもしれませんが、失う前に「歯」を歯周病菌から守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です