「口臭」に気付いたら

「口臭」のある人に多く有る症状の原因は、「口内の乾燥」「歯周病」などがあげられるようなのです。口内の乾燥は、唾液の分泌の減少から起る事があるようで、唾液は、「噛む」力が弱まる事でも起り得る症状であるようなのです。「噛む」力が弱まるという事は、健康な歯を失ってしまっているというような事につながり、まさしくそこには、「歯周病」が、隠れている事が多いようです。歯周病は、初期の段階では、炎症が軽いので、自覚症状は現れず、気付いた時には、治療の施しようがないほどに、歯肉や歯ぐきを痛めていたというような事に陥ってしまうようです。すると、悪循環のスパイラルが生まれてしまい、歯周病によって健康的な葉を失ってしまった事から、「噛む」力が弱まり、唾液が出にくくなると、口臭や、さらなる歯周病を招いてしまうといった悪循環のスパイラルが発生してしまうのだそうです。自分自身の「口臭」が気になり始めたら、まずは、歯科クリニックなどで、専門的な検診を受診してみることが、悪循環のスパイラルを断ち切る1番の良い手段となりそうです。自分自身の口臭はなかなか気付きづらいと言われていますが、口臭をチェックする事が難しいと感じたら、何よりも、定期的に歯科検診を行う事をおススメします。虫歯や歯周病の早期発見は、定期的な歯科検診からはじまります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です