年齢ケア「口内環境」

健康的な歯で、しっかりと「噛む」事は、脳内に刺激を与え、集中力や判断力を高めているようです。また、お顔の表情筋にも良い働きを促しているようで、表情が明るくなったり、シワやたるみを予防してくれたりもするようです。健康な歯で「噛む」事には、良い事ばかりが詰め込まれているようですが、実際に、私達の身体のメカニズムの中では、「噛む」という動作が重要な働きを果たしているようなのです。歯科クリニックなどで、定期検診を受ける事で虫歯や歯周病の予防をしている人と、そうでない人は、年齢を重ねるごとに、口内環境の良し悪しに差異が顕著に表れてもくるようです。もしかしたら、口内環境だけではなく、お顔のシワや脳内の活性化にも、違いが生まれてくるのでしょうか。最近の研究データの中には、認知症患者さんの口内環境を定期的にケアする事で、認知症の予防に繋がったというような研究報告もなされているようです。健康な「歯」を維持する事で、「噛む」力がサポートされ、結果的に、脳内への刺激となったり、表情や感情の認識への刺激にも繋がっているのではないかと考えられているようです。お口のケアは、年齢とともに忘れがちになりそうですが、歳を重ねるごとに、口内環境の改善は強化していきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です