「嚥下」の予防とお口のケア

高齢者の「誤嚥」は、健康管理チェックの中でも、大変重要な項目であります。また、加齢とともに、飲み込みなどが悪くなることは、歯や義歯のメンテナンスを行う事で、大きく状態が改善されるようなケースもあるようですので、歯科などでの、定期的な検診を行う習慣をもちましょう。「誤嚥」は、食べ物や飲み物を飲み込む動作が、上手くいかない事で起ります。通常、食べ物、飲み物は、死食道を通り、胃や腸へ運ばれ消化されていきますが、飲み込みの動作に誤りがあると、食道ではなく、気道へ、食べ物や飲み物が入り込んでしまい、むせ込んでしまったりするような状態になります。高齢者などに多くみられる症状ですが、「誤嚥」が起る前兆として、日々の食事の中で、口から食べ物をよく落しがちになったり、よだれや飲み物が、こぼれているような状況をよくみかける事が多くなるようです。年寄りだから、仕方がないと見過ごしてしまう前に、「誤嚥」を防ぎ、「嚥下」を助けるような、お口の体操や、食事の方法の改善の見直しを行ってみて下さい。最近の研究データの中では、「嚥下」は、日頃の訓練やケアなどで、ある程度の改善は見込めるものであるようです。お口の中で舌を動かす体操や、口を大きく開けたり、窄めたりする訓練を行う事で、嚥下の働きを維持できるように心掛ける事が、「誤嚥」の予防につながるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です