歯というのは、抜けてしまえば元に戻すことはできません。私の祖父も歯がすべて抜け落ちてしまい、入れ歯生活を余儀なくされていて、いつも寝る前は居間に殺菌用の水が入ったコップに入れ歯が浸かっていたことを思い出します。


しかし、現在の歯科治療では、歯が抜けたとしても代わりの人工歯根を埋め込むことが出来るようになりました。それがインプラント治療です。
インプラント治療をすることで、まだ抜けていない歯の負担を減らすことができ、結果的に歯全体の寿命を延ばしてあげることができると言われています。


しかし、そんな便利なインプラント治療でも失敗をすることがあるのです。


もちろん、インプラント治療を受ける前にちゃんと適応があるかを診断して、正確に手術を行なえば失敗をするということはほとんどないと言えますが、それでも失敗というのはついてまわります。


そのインプラント治療の主な失敗原因はいくつかあります。


まず、あってはいけないことですが、任せていた歯医者の診断に問題があったケースです。さらには、そのインプラント治療の手術の手技に何かしらの問題があった場合です。こういったケースで失敗をされてしまうと、手術をされる側としてはたまったものではありませんよね。となると歯医者選びにも気を使う方がベターではないでしょうか。


また、今度は患者側に問題があったケース。例えば、患者の歯のメンテナンスが不十分だった場合に治療が失敗するなんてことがあります。この失敗は治療後のメンテナンスが行き届いていないと後から細菌が増えていき、歯周病を引き起こす可能性があると言われています。


また、噛み合わせに問題がある場合も失敗するときがあるそうなので、やはり歯医者と沢山話し合ってから治療に進むことがよいと思われます。