歯医者 インプラント 背景画像

最近よく聞くインプラントという単語ですが、皆さんはこのインプラントという言葉をご存知でしょうか?

インプラントとは本来体内に埋め込まれる器具のことを指しますが、歯科医療では、なくなってしまった歯の部分に代わって、顎の骨に埋め込む人工的な歯根のことを指します。(人工歯根はデンタルインプラントとも呼ばれているそうです。) 歯がなくなってしまった場合、食べ物を噛むことが難しくなったり、喋ったりする時にうまく会話を楽しめなかったりと何かとストレスを溜め込みがちになるのではないでしょうか。 そんな時にインプラント治療が必要になってくると私は思います。

インプラント治療を施すことによって、人工の歯を手に入れることが出来るので、食事や会話の時のストレスを軽減することが出来ると考えています。 インプラントの治療は部分麻酔を使用しながら行われます。その治療を終え、インプラントが骨の中に入り、骨がついた状態になって初めて食べ物等を噛むことが出来るようになるとのことです。 インプラントのメリットとして何よりも伝えたいことは、周りの歯を削らずに治療を施すことが出来るところです。

また、歯は抜けたままにしておくと、どんどん周りの歯にも負担をかけてしまい、結果的に歯全体の寿命を縮めることになってしまいます。そんなときにインプラントを早期に埋め込んでおくことで、周りの歯にも優しい治療となります。 この時に注意してほしいのが、歯周病ケアです。 インプラント治療後は、定期的にメンテナンスをしてあげることで、インプラントの周りにある細菌を除去することができ、歯周病予防ができるようになるというわけです。

最近では東京だけでなく神奈川や茨城などインプラントを取り扱っている歯医者さんが増えています。

ただし、このインプラント治療ですが、万人に有効ということではなく、骨粗しょう症を患ってしまっている方や、糖尿病が進行してしまっている方などにはあまり有効に働きにくくなるので、インプラント治療を受けようと考えている方は、こうした点についても行きつけの歯医者さんに相談することが必要だと思います。